総合的な観点から治療を試みる心療内科|複雑に絡み合う原因を探す

先生

患者さんに寄り添った治療

診断

普段の生活では、私たちが気づかないところでストレスが溜まってしまっています。この溜まったストレスが心の病気を引き起こしてしまうこともあるので注意が必要です。朝が辛くて仕事に行くことができない、動悸や息苦しさ、めまいなどの症状がある、お腹を壊したり身体の疲れが取れにくいなどの症状が出た時には、東京の心療内科に相談することをおすすめします。

東京の心療内科では、患者さんに寄り添った治療を行なっています。治療方針や処方する薬について充分な説明を行っており、処方する薬は医学的な根拠に基づいたものを最小限の量だけを提供しています。心の病気に対してむやみやたらと薬を摂取するのに抵抗を感じる人はたくさんいると考えられます。薬による副作用には常に不安がつきまといますよね。東京の心療内科は、そのような不安に対してもしっかりと向き合ってくれるので安心して治療を受けることができます。

東京の心療内科は、心の病気がきっかけとなって身体的な症状が現れた場合に、その症状や病気の治療を身体的な側面と精神的な側面の両方から治療に向けたアプローチを行ないます。心、身体、その人の周りを取り巻く環境の全てを考慮に入れて原因や治療法を考えることが、心療内科の特長であるといえるでしょう。精神的な問題と身体的な問題が複雑に絡み合う症状を改善するためには、それぞれ別々のアプローチによって問題を解決するよりも、総合的な観点からアプローチをした方が効果があるというケースは多々あります。

専門家の立場からサポート

笑顔の医師

産業医は、専門家の立場から従業員の健康状態を観察しています。従業員の健康は企業が負担する責任の一つです。その責任を全うするためにも、産業医紹介センターの活用をおすすめします。

詳細を読む

上手く眠れないときは

ナースとドクター

睡眠は毎日を元気よく過ごすために必要なものです。この睡眠が上手くできないときには、睡眠障害であることが疑われます。睡眠障害は健康を損ねる原因にもなるので、専門医の治療を受けて改善を試みましょう。

詳細を読む

心の疲れに目を向ける

相談

浦和の心療内科は、多くの人が抱くイメージよりもずっと垣根の低いものです。精神的な疲れを感じたときには、すぐに足を運んで悩みを打ち明けましょう。悩みを打ち明けることで、心を軽くすることができます。

詳細を読む