総合的な観点から治療を試みる心療内科|複雑に絡み合う原因を探す

ドクター

上手く眠れないときは

ナースとドクター

睡眠は、日中の活動を支える大事な要素です。きちんと睡眠時間をとって日々の疲れを回復させることができなければ、体調を崩してしまうことにもなってしまいます。この睡眠が上手くできない状態に陥ってしまうのが睡眠障害です。睡眠所街にはいろいろな症状があり、不眠症、過眠症、概日リズム睡眠障害、睡眠呼吸障害などたくさんの例をあげることができます。睡眠の質が低下すると、日々の暮らしにも支障が出てきます。睡眠について不調が生じた場合には、専門医院へ足を運んで治療を受けることをおすすめします。

寝付きが悪かったり、浅い眠りが続いてしまう場合には不眠症が疑われます。日本においては約20パーセントの人が不眠の症状で悩んでいるとされています。不眠症を引き起こす原因は、環境要因、身体的要因、心理的要因、生活習慣的要因が考えられます。不眠症が引き起こす症状は、日中の眠気や集中力の欠如などがあげられます。不眠症は、睡眠障害の症状の中でも特に有名な症状です。活力溢れる毎日を過ごすためにも、治療を行なって不眠症を治しましょう。

睡眠障害は、不規則な生活リズムが原因で発症することが多いとされています。そのため、睡眠障害を改善するためには病院での診察や薬の服用以外に、生活リズムの見直しも大切な要素となります。受験勉強やお仕事の夜勤、シフト勤務で昼夜逆転した生活を送ってしまってはいませんか。そのような人は、睡眠障害を予防する生態リズムをコントロールする方法を調べることをおすすめします。